年間行事情報

日々気づいたあれこれを書いています。

緊張で眠れない試験前などの対処法は?首の緊張による不眠かも

EP196_L300x225

一生懸命試験の準備をしてきた。あとは、試験で
実力を発揮できるように、十分眠って試験に臨みたいですよね。

そんな試験前に限って、緊張で眠れなくなってしまうこともよくあります。

試験前に緊張で眠れないときの対処法をまとめました。

スポンサードリンク

緊張で眠れない試験前。どうすればいい?

実は、眠れなくても心配ないんです。
目をつぶって横になっているだけで、脳も体も休息できています。
なので、ポイントは、たとえ眠れなくても気にしすぎないで、安心して試験にのぞむことです。

緊張で眠れない時の対処法

とはいっても、やっぱり眠れるにこしたことはないですよね。

対処法としては、血行を良くすることで睡眠を促進するやり方があります。

スポンサードリンク

おすすめなのは、勉強の合間に少し運動をすること。
少し走るとか、水泳とかをした日はよく眠れますよ。
学校へ行くときとか、帰るとき、予備校の行き帰りに走ってみるのも一つの方法です。

あとは、寝る前にストレッチをしたり、温かい牛乳を飲むのもおすすめです。

首が緊張して不眠になることも。

ずっと勉強をしていると、長時間同じ姿勢でいるので首や肩が凝ってしまいます。この凝りが血行を悪くする原因にもなっているので、普段からこまめにストレッチをしたり、姿勢を変えたりするとよいでしょう。

また、枕が高すぎて睡眠の妨げになることもあります。
枕を変えるか、バスタオルを折りたたんで高さを調節して枕として使うのもおすすめです。

枕だけでなく、布団も羽毛など、軽くてあたたかいものに変えることも、良い眠りにつながります。

まとめ

「眠れない、眠れない!!」と気になると、余計眠れなくなり、疲れてしまいます。

目を閉じて横になっているだけで、頭も体も休息がとれているので、眠れなくても気にせずにリラックスして、安心して試験に臨みましょう。

スポンサードリンク

 - 暮らし

error: Content is protected !!