年間行事情報

日々気づいたあれこれを書いています。

筋肉痛の原因とは?予防する対策と運動後にやるべきこと。

  2015/06/05

gf2160379551 - コピー

運動して筋肉痛になると、「運動したぞ!」と達成感があったりもします。とはいえ、あまりにも激しい筋肉痛で運動を休むことを余儀なくされるのは悔しいですよね。

そこで、筋肉痛を予防するために運動前と運動後にやるべきことをまとめました。

スポンサードリンク

筋肉痛の原因は?

筋肉痛の原因は、まだ解明されていません。
有力な説としては、トレーニングで傷ついた筋繊維などの回復過程で炎症を起こし、その痛みが筋肉痛として感じられるというものです。

原因は解明されていないとはいえ、筋肉痛を予防すれば同時にけがの予防にもなります。

スポンサードリンク

筋肉痛を予防する対策とは?

筋肉痛を予防するには、筋肉の柔軟性を高めることと、血行を良くして筋肉に新鮮な血液を送り込むことで回復を高めることが重要です。

そのため、運動前のウォームアップ、運動後のクールダウンをしっかりと行いましょう。

まず、運動前のウォームアップとして、ストレッチやウォーキング、軽く走るなどを行います。

体の芯から温まる感覚があればOKで、10~20分程度行います。
体温をあげて、使う筋肉の可動域を広めて柔軟性を高めます。

筋肉痛を予防するために運動後にやるべきこと。

運動後は、しっかりとクールダウンしましょう。

急に運動をストップすると、余計な負荷がかかります
運動中も、完全に動きをストップするのではなく、軽い足踏みでもよいので動き続けましょう

クールダウンは、軽く走ったり、ウォーキング、ストレッチなどでゆっくりと使った筋肉を伸ばしてケアします。

まとめ

筋肉痛を予防するには、運動前と運動後のウォームアップ・クールダウンが重要です。けがを予防することにもつながるので、しっかりと行いましょう。

スポンサードリンク

 - ダイエット

error: Content is protected !!