年間行事情報

日々気づいたあれこれを書いています。

筋肉痛の治し方は?アイシングやお風呂で緩和して回復を早めよう

  2015/06/05

gf2160379538_300x448

筋肉痛を予防するには、運動前と運動後のウォーミングアップとクールダウンが大切です。

適度な筋肉痛は、運動の達成感を感じて心地良くもありますよね。しかし、あまりにも痛みが激しいと、運動を休まざるを得なくなったりします。

ここでは、筋肉痛の治し方をまとめています。

スポンサードリンク

筋肉痛の治し方は?

筋肉痛になったら、ゆっくり休めることが大事です。
それに加えて、回復を早めるには、血行を良くして新鮮な血液を筋肉に送ってあげるとよいでしょう。

ストレッチやマッサージを、ゆっくりやさしく行うのが効果的です。強くやりすぎると、かえって炎症を強めることになりかねないので要注意です。

じんわりと、気持ち良い程度に行いましょう。

スポンサードリンク

筋肉痛にはアイシングを。

あまりにも痛みが激しい場合には、アイシングがおすすめです。
血管を収縮することで筋肉痛を緩和する効果があります。

また、いつもよりも激しく動かしたという自覚があるときにも、運動後にアイシングをすると良いでしょう。

筋肉痛にはお風呂も。

筋肉痛になったらゆっくり休めることが大事です。
それに加えて、血行を良くすることで筋肉に新鮮な血液を送って回復を早めることができます。

ゆっくりストレッチをするのに加えて、お風呂も効果的です。

お風呂の活用法は、2つあります。

1つめは、ぬるめのお風呂にゆっくりつかってやさしくマッサージします。この際に、強くマッサージしすぎるとかえって炎症をひどくする可能性があるので、なでる程度にやさしくマッサージします。

2つめは、温冷浴です。
3分熱めのお風呂につかり、1分冷たいシャワーを浴びます。これを3回~5回行います。

これによって、血行が促進されて回復力が高まります。

まとめ

筋肉痛は、ゆっくり休めるのが第一ですが、ストレッチやアイシング、お風呂を上手に活用して、痛みを緩和しつつ血行を促進することで回復を早めることができます。

早く回復できれば、それだけ早く運動も再開できるので、参考になさってくださいね。

スポンサードリンク

 - ダイエット

error: Content is protected !!